HOME Dearestについて 集い スタッフ紹介 LINKS

Dearestスタッフの紹介です。

Sophie

はじめまして、Sophieと申します。中学校から一緒だった友人が死を選んで、今に至ります。学校で、プライベートで共に過ごし、時には国境をも超えて、季節も昼夜も逆な環境でも繋がっていた私達。何もできませんでした。ただ友達でいただけでした。これからできることも、友達でいることだけです。毎日会っていたのは当たり前のことではなくて、そこに居るのがかけがえのないことだと気付いたときは、遅すぎました。
コヘレト

コヘレトと申します。とても身近で大切な友人を亡くして、もう何年か経ちました。
彼女の、死にたいほどの辛い思いを直接聞いていたのに、助けられませんでした。その時の苦しみは、とてつもないものでした。
自分自身の体験を通して世の中にこのような苦しみがあることをはじめて知り、同じような思いを通って来られた方が集える場所があればいいなと思い、この会ができました。
どうぞよろしくお願いします。
マグダレーノ

初めまして。マグダレーノと申します。
2001年8月に最初で最愛の恋人を亡くして今日に至ります。
彼がいることで、私の全てが輝いていたのだということを知ったのは皮肉にも、彼の死後でした。
彼がいることで私の存在価値があるといってもいいほどの人でした。これだけ愛した人を助けられなかったことが、悔やまれます。彼の存在が当たり前だと思っていた自分に、ただただ悔しく思います。
ディアレストの存在を知り、同じような思いをされている方に会いたいと思い、何かお手伝いできればと思いました。
どうぞよろしくお願いします。
「N」

私は家族のひとりを数年前に亡くしました。
当時、私もしらない家族のことをたくさんしっている友人や恋人がいることに、少しだけ安心したことを覚えています。
同時に、知らないことの多さが、私のとめどない後悔にもなっています。
まだ色々なことを受け入れていない状態かと思います。
家族以外を亡くしたわけではありませんので、私のような立場に戸惑う方もみえるかもしれませんが、
ディアレストと関わりながら、自身の体験をみつめ、自分なりに活動に貢献できたらと思います。
※スタッフを募集しています!

Dearestを一緒に手伝って下さる方を募集しています。
詳しくは、集いの際にお話し頂くか、メールにてご連絡下さい。